天然乾燥材は人工乾燥材より優れている?

無垢材ドットコムは無垢材に関する知識と選択基準を伝えるサイトです。

天然乾燥材は人工乾燥材より優れている?

昨今の住宅は高気密・高断熱化されるケースが多いため、天然乾燥材では気密性が損なわれる場合が出てきています。

木材の乾燥方法には天然乾燥人工乾燥の2つがあります。

天然乾燥は屋外で自然の状態で乾燥させたり、半加工品を屋内で徐々に乾燥させる方法で、人工乾燥は乾燥室内での機械、装置による強制乾燥です。

日本の場合、天然乾燥における理論上の到達含水率は約15%ですが、実際にはそこまで乾燥していないケースがほとんどであると言われています。

それは工期短縮や乾燥コスト削減等により、たっぷり時間を掛けて乾燥させることができないからです。

天然乾燥で含水率15%程度まで持って行くには、場所や環境により多少の違いはあっても、一般に使用されている大きさの柱で2〜3年、大断面の梁や桁になると、その数倍の時間が必要だと考えられていますから、その間在庫を抱えたままで、まったく利益にならないわけです。

さらに、たとえ十分時間をかけて含水率15%程度まで乾燥させたとしても、昨今の高気密・高断熱仕様では、そこからさらに乾燥が進み、木材が収縮するために気密性が損なわれてしまいます。

ちなみに、最も乾燥する最上階の天井付近や屋根裏では含水率が一桁になることも珍しくありません。

以下、天然乾燥の短所をあげると、
木材の損傷防止や仕上がり状態を制御できない。
乾燥にとても時間がかかるため、途中でカビや腐朽菌に犯されたり、虫害にあったりすることで製品化において多くの無駄が出る。
低質な丸太や欠点の多い丸太を使用した場合、その素材のもつ欠点がそのまま出てしまう。
調湿に伴う寸法の増減が大きく、寸法安定性が低い。

長所をあげると、
知識不要で誰でも簡単に乾燥させることができる。
乾燥には長期間を必要とするが、乾燥コストはかからない。
色艶や香りを損なうことが少ない。

一方、人工乾燥の長所をあげると、
天然乾燥において発生する損傷を抑えることができ、製品化において無駄が少ない。
到達含水率を設定することができ、使用場所に適した製品を作ることができる。
寸法安定性が高い。
短時間で大量に乾燥材を作ることができる。

Copyright©  無垢材ドットコム土地の値引き交渉と家づくりサポート All rights reserved.